› KIKSWORKS › RoboCup JapanOpen2015 › ロボカップJapanOpen 2015福井

2015年05月15日

ロボカップJapanOpen 2015福井

みなさん久しぶりです。
リーダーの紫です。
ジャパンオープンから一週間立ちましたのでその報告をします。


松江高専と試合風景です。

今年のフィールドサイズは9[m]*6[m]であり、
合計8チームがSSLに参加しました。
しかし、今年はロボカップヒューマノイドとSSLを
同じフィールドで行うといった進行でしたので、どのチームも
調整時間が少ない状態で試合に挑むことになりました。

KIKSが参加したリーグの成果報告です。
初日(5月2日)
初戦は、仙台高専ロボカッ部との試合となりましたが、仙台高専は
ロボットが動かすことが叶わず、KIKSの不戦勝となりました。
これで初日が終わり、二日目に突入しました。この初日でロボットが
ほとんど動かせず、
二日目には3戦も控えている状態だったので、ストレスがマッハでしたね。
二日目(5月3日)
松江高専のMCT Susano Logicとの戦いになります。先制点を取ることができましたが、初日の松江高専はチップキックを
放ちませんでしたが、調整が間に合ったらしく、チップキックによりたった1点を入れられて引き分けとなりました。(スコア 1-1)
続く3戦目、メンバーが一新された愛知県立大学 RoboDragons です。 手も足も出なかったですね。見事に10-0でストレート負けです。
どうしてこうなった(p_q)
この時点でリーグ内で3位になりました。敗者復活戦が与えられましたが、相手はなんとOp-Ampです。いつもお世話になっている豊田高専OBチームです。これまた引き分けで終わり、今回のジャパンオープンの特別処置として、PKサドンデスで勝敗を決めることになりましたが、あっさり点を決められて、負けました。

今回のジャパンオープンの成績はここ最近で一番ひどい出来となってしまいました。一重に点をとることができない脆弱な攻撃力、紙のように薄いKIKSのディフェンス。この二つが原因でこのような成績になってしまったので、世界大会までに何か常軌を逸脱した攻撃システムを構築したいところです。

報告は以上とさせてもらいます。では、みなさん次の機会に会いましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。